しみを治すためには

しみが気になる場合は

しみは肝斑という皮膚の病気

しみは、肝斑という皮膚の病気なのです。特に、成人女性の額や頬、口のまわりなどに見られる左右対称が鮮明な褐色の斑です。まれに男性にも見られます。特に妊娠や避妊薬の服用の時に色が濃く練るため、内分泌の変動が関係していると考えられおり、紫外線に当たると色が濃くなってきます。治療法としては、そばかすと同じように遮光することが必要です。塗り薬としては、ハイドロキノンの塗布やトラネキサム酸やビタミンCの内服も有効です。

↑PAGE TOP