刺青除去について

刺青除去は形成外科で

形成外科で行う刺青除去

刺青除去は、色が完全に消えずに残ってしまったり、除去が難しい場合がありますが、形成外科で行う切除法や皮弁法なら、色や形などに左右されずに、きれいに除去することが可能です。切除法は、局所麻酔をおこなって、絵柄がある部分の皮膚を切開して、刺青がわからなくなるように、医療用の細い糸を使って縫い縮めていきます。一方、皮弁法は、切除したあとの皮膚の形にあわせて、隣り合った皮膚をずらして覆い縫合していくため、切除法に比べて、おおきな絵柄にも対応し、治療痕も目立たないというメリットがあります。

↑PAGE TOP